ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

ゼロエネルギーで暮らそう。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の推進

ZEHとは政府も推進する、新築住宅の標準仕様のことで、断熱性の高い住まいに、高効率の設備を取り入れることで消費エネルギーの削減を図り(省エネ)、太陽光発電などでエネルギーを創り出し(創エネ)、それらをコントロールするHEMSホーム・エネルギー・マネジメント・システム)によって年間の一次エネルギー消費量が実質「ゼロ」となる住まいのことです。

ZEHネット・ゼロ・エネルギー・ハウスとは

年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下

当社は「低炭素社会に向けた住まいと住まい方推進」の重要項目、「住宅・建築物のネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの推進」という取組に賛同し、ZEHビルダーに登録することにいたしました。

補助金制度の情報もチェック

経済産業省より、太陽光発電に対する国や県の補助金とは別に、2016年もZEHの施主様に対する補助金制度(最大125万円)が発せられました。補助対象となり交付要件を満たす住宅であれば、さらにお得に住宅を取得いただけます。補助金の対象となる設備は「省エネ設備:空調設備・給湯設備・換気設備・照明器具など」「建物の断熱化」「蓄電システム」などが含まれています。詳細は、経済産業省資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部省エネルギー対策課のホームページや、一般社団法人環境共創イニシアチブのホームページをご覧ください。

夏は涼しく、冬は暖かい。

気密性の高い構造体、屋根、外壁、床下、窓などの高い断熱性能により、外気温に左右されることの少ない住まいのご提案をいたしております。

[2027年度までのZEH普及目標]
2024(令和6)年度 2025(令和7)年度 2026(令和8)年度 2027(令和9)年度
50% 50% 50% 50%

当社は、2023年度のZEH普及目標50%に対し、実績30%と目標を達成することができませんでした。
ZEH普及目標を2027年度まで上記のように公表し、引き続き高断熱・高性能住宅のさらなる省エネ性向上に向けて取り組んでまいります。
2020年度実績は0%、2021年度実績は25%、2022年度は60%でした。

新築・リフォーム、住宅のご相談や資料請求はメールまたはお電話にて承ります。

ページのトップへ